愛犬を守るために病気について知る~家族を守ろう計画~

犬

病気のリスクを下げる

先生

愛犬の避妊手術をする飼い主は増えてきています。子供を作らないという目的だけではなく、病気のリスクを下げることを目的としている人もいます。なるべく早く避妊手術は行った方が良いです。

早い段階での治療が大切

先生

犬の病気で増えてきているのが、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアが進行してしまうと、外科的治療が必要になるので、なるべく早く治療をした方が良いです。初期の治療なら10万円~30万円程度で済みます。

早期発見と早期治療が大切

大切なペットとのお別れはゆっくり行ないたいものですよね。ペット葬儀は素人ではなくプロに依頼すれば安心できます。

犬

人間が病気になるように、犬も同じように病気になります。しかし、犬は病気になった時でも、言葉で教えてくれないので、飼い主がちゃんと気づいてあげる必要があります。日頃からしっかり見て、体の変化を見ることで、気づくことができます。犬を飼っているなら、犬の病気について知っておいた方が良いです。病気の症状やサインなどを知っておくと、愛犬が病気になった時に素早く気づいて、対処することができます。ただ、知識を持っていても、疑問や不安があるなら獣医師に相談した方が良いです。素人では気づきにくい部分があるからです。大切な愛犬を守るためにも、犬の病気について知っておきましょう。

犬の病気は非常にたくさんありますが、特にかかりやすい病気のひとつが、クッシング症候群です。クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンが過剰分泌することによって、引き起こす病気のことです。その症状は様々で、水をたくさん飲む、たくさん餌を食べるのにも関わらず痩せる、毛が薄くなるなどがあります。クッシング症候群が進行していくと、最終的には常に眠った状態になってしまいます。クッシング症候群の治療は、薬物療法が一般的です。突然起こるものですから、予防するのは難しいです。ですから、早期発見、早期治療が大切です。なるべく早く治療することができれば、症状もひどくならず、完治しやすいです。犬の悪性リンパもよく見られる病気の1つです。悪性リンパは、原因不明なので、これもクッシング症候群と同じように予防するのが難しいです。体のリンパが腫れたり、元気が無くなったりなどの症状があるので、このような症状があるなら、獣医師に相談しましょう。

Breeder ONE

かわいいワンちゃんを家族の一員として迎えませんか。ジャックラッセルテリアがおすすめされているのです。制約特典も非常に豪華!

リハビリができる施設

動物病院

最近増えてきているのが、犬の椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアになると、筋力低下によって動けなくなるケースが多いです。それを防ぐためのトレーニング施設も増えてきています。