愛犬を守るために病気について知る~家族を守ろう計画~

犬

病気のリスクを下げる

先生

ペットの避妊手術を行う飼い主は年々増加傾向にあります。以前は、近くの犬とお見合いさせて子供を産ませる飼い主も多かったのですが、最近では少なくなってきています。 これは単に、子供を産ませたくないという飼い主が増えたことだけではなく病気のリスクに対して避妊手術を行う飼い主が増えてきていることも関係しています。医療が発展して飼い犬は寿命が倍近く伸びています。そのため病気になるリスクも増加しているため、未然に生殖器に起こる病気やホルモンの変化によって引き起こされる病気を防ぐという意味合いがあります。 今後もペット需要は増えると言われています。そのため、犬や猫の避妊手術を行う飼い主も増えていくと予想されます。

犬の避妊手術を行う場合、単に妊娠しない(妊娠させない)ようにするためならば何歳になってから手術を行っても構いません。しかし、生殖器やホルモンが原因となって引き起こされる病気を防ぐために行う場合は出来るだけ早いうちに避妊手術を行う必要があります。メスの場合は生理が起こる前、オスの場合は精通する前に行う必要があると言われていますので出来れば生後1歳未満に行うように注意しましょう。 避妊手術を行う場合、麻酔をかける必要がありますので小型犬の場合は経験のある獣医にお願いする方が安心して手術をしてもらえます。 オス犬の場合、避妊手術をしなければ本能でマーキングを始め足をあげて小便をするようになりますが、子犬のときに手術を行うことで足をあげて小便しないようになり、マーキング行為も行わないようしつけることができるので屋内で飼う場合は手術の時期に注意しておきましょう。